合同経営グループが長年の経験を投入してリリースした「介護職員処遇改善加算管理システム」の紹介サイトがアップされました。

左の画像をクリックするか、

こちらをクリック

すると、紹介サイトが表示されます。


笑顔で働こう

SKシステム(介護職員処遇改善加算管理システム)を利用すると、「働き方改革」間違い無し!!

担当者の頭を悩ます処遇改善加算管理業務

 計画申請の時期の2月、実績報告の時期の7月は、担当者の頭が痛くなります。

 支払った給与と「元々の賃金水準」との比較、担当者の頭を悩ます「介護割合」「常勤換算」のチェック。

 職員全員のチェックをEXCELで一生懸命集計しても、追いつかず。

 Excelのセルの計算式間違い・・・・。

 頭を悩ますことが山盛りの「介護職員処遇改善加算」の管理業務は、本当に担当者の「働き方」にブレーキがかかっています。

 合同経営の処遇改善加算管理業務では、交付金時代から系統的に管理をおこなってきた実績があります。

 この度、不安定で大量の処理が困難なExcelからASP形式で安定したデーターベースによる管理に移行しました。

SKシステム(介護職員処遇改善加算管理システム)

 この介護職員処遇改善加算管理システム(略してSKシステム)は、月別・事業所別に給与情報を登録します。

 手間のかかる事業所別の実績集計における介護割合いや常勤換算の集計処理は、瞬時に対応できます。

確実で迅速な集計 担当者も安心で、輝きと笑顔

 集計作業の現場から生まれた管理システムです。実績を、1円までサクッと計算できます。実地調査でも計算根拠は一目瞭然に示すことが出来てとても安心です。